高松宮記念(G1)過去データ検証

春のスプリント王決定戦、高松宮記念がいよいよ今週末に開催されます。

キンシャサノキセキカレンチャンロードカナロアなど、短距離界を代表する名馬達を産んできた本レース、新たな短距離界のエースはどの馬になるのでしょうか?

 

過去の上位人気馬を見てみると、3番人気までが《8ー5ー6ー11》、過去10年の平均人気は《1着:2.5 連対:3.6》とかなり順当な結果となることが多いレースです。

ーーーーーーーーーー

【買い】

外国産馬《4ー0ー2ー10》 

  シヴァージ

  ミスターメロディ

  モズアスコット

  モズスーパーフレア

②前走連対《7ー6ー6ー36》 

  アイラブテーラー

  アウィルアウェイ

  グランアレグリア

  シヴァージ

  ダノンスマッシュ

  ナックビーナス

  モズアスコット

  ライトオンキュー

 

【要注意】

①馬体重480kg未満《0ー0ー3ー47》

  アイラブテーラー

  アウィルアウェイ

  グランアレグリア

  ゴールドクイーン

  ダイアトニック

  ダノンスマッシュ

  ティーハーフ

  ナランフレグ

  ノームコア

  ラブカンブー

②前走上がり3位以内で3着以下《1ー1ー1ー25》

  タワーオブロンドン 

  ダイメイプリンセス

牝馬《1ー2ー3ー41》

  アイラブテーラー

  アウィルアウェイ

  グランアレグリア

  ゴールドクイーン

  ソウルスターリング

  ダイメイプリンセス

  ナックビーナス

  ノームコア

  モズスーパーフレア

  ラブカンブー

ディープインパクト産駒《0ー1ー1ー8》

  グランアレグリア

ノーザンファーム生産《0ー1ー1ー11》

  アウィルアウェイ

  グランアレグリア

  グルーヴィット

  ステルヴィオ

  ノームコア

⑥前走0.3秒以上負け《2ー4ー4ー96》

  キングハート

  クリノガウディー

  グルーヴィット

  ゴールドクイーン

  ソウルスターリング

  タワーオブロンドン 

  ダイメイプリンセス

  ティーハーフ

  ナインテイルズ

  ミスターメロディ

  ラブカンブー

⑦前走2桁着順《0ー0ー1ー40》

  ナインテイルズ

  ラブカンブー

ーーーーーーーーーー

過去データが推すのは、シヴァージとモズアスコット。

シヴァージは16戦して0.5秒以上負けたのがわずか2回と、相手なりにゴール前までやってくる超堅実派。実績不足は否めませんが、前走・重馬場の中、かなり後方から一気に差し切り勝ちを収め、波に乗っています。これで指数が高ければ、穴馬候補として、グッと存在感が出てきます。

モズアスコットは言わずと知れた芝ダートG1勝利のスーパーホース。意外にも初の1200m、謎のローテーションなど懸念点はありますが、これだけの馬は無視できません。

 

一方で、上位人気が予想されるグランアレグリア・ノームコアの2頭の牝馬G1ホース。2頭共、強い馬であり、しっかり実績も残していますが、過去データは黄信号を灯しています。狙っている方は、指数も含めて、しっかり検討が必要です。

 

応援してくださる方は、これ(↓)をポチッとお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


中央競馬ランキング