【AI×POG】AI推奨馬、2歳戦線で大活躍!

新馬戦開幕から約5ヶ月が経ちました。秋の王道デビューを控える新馬達もいる一方で、一足先にデビューして、その素質を垣間見せている馬達も沢山いて、楽しいシーズンです。

 

AIが見込んだ精鋭達の成績は、と言うと、ここまで43戦して11勝、精鋭揃いゆえマークがきついのか、勝率こそ25%強ですが、連対率60%超、複勝率は約70%と相変わらずの好成績!しかも、重賞ウィナー1頭・重賞2着馬1頭・特別勝ち2頭と、2歳戦線の中心となる馬が続出しています!!

f:id:hidary_uma:20201021134024p:plain

今週末も、ネット情報によると、SSランクのアークライト(ハープスターの全弟)、Sランクのシャフリヤール(アルアインの全弟)、Aランクのグラティアス(レシステンシアの半弟)といった血統的にも大注目の馬達が出走を予定しています。

無事に走りきってくれて、願わくば勝利を持ち帰って来てくれることを期待しています!

 

楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、

これ(↓)をポチッとお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

【AI×一口馬主】有望馬分析(ロードサラブレッドオーナーズ)

本記事は、ロードサラブレッドオーナーズの現時点(10/21)募集馬34頭の評価となり、募集馬名と募集価格・AI評価(※)・総合評価を提供しています。
 
ロードサラブレッドオーナーズといえば、ロード/レディの冠名で、世界のロードカナロアレディパステル、現役馬ではロードクエスト・ロードゴラッソなど、短・中距離やダートに強いイメージを持っています。
 
今年の募集馬は、ディープインパクトの遺児を除けば、募集価格が最高で4000万円、多くは2000万円台となっていますので、AI評価の高い馬にお値打ち価格で出資できるチャンスかもしれません。
 
とはいえ、一口募集馬も決して安い出資ではありませんし、超高額馬でも全く走らない”地雷”馬もたくさんいます。書籍1冊位の費用で、価格に見合った馬を見極め、地雷馬を掴むリスクを避けていただければ嬉しいです。

 

本AI分析を初めてご覧になる方は、以下のシステム解説や分析結果もぜひご覧ください。この評価の秘めるポテンシャルをきっとご理解いただけると思います!!

【AI×一口馬主】システム解説&有望馬分析(シルクホースクラブ) - ひだり馬厩舎

【AI×一口馬主】バックテスト結果が凄いことに! - ひだり馬厩舎

 

楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、これ(↓)をポチッとお願いします!

 

 

 

 

 

【AI×一口馬主】リンゴアメ、メイケイエール、ヨカヨカの活躍もお見通し!

今シーズンの一口馬主募集もいよいよ大詰め、ロードサラブレッドオーナーズの募集開始を待っておられる方も多いかもしれません。
 
現2歳馬世代・賞金トップ10のAI分析結果は、現時点で以下の通りとなっています。
(左から、馬名・獲得賞金・AI分析結果[A〜Eの5段階評価])
 
ステラヴェローチェ 4,037万円 C
リンゴアメ     3,853万円 A
ソダシ       3,850万円 D
メイケイエール   3,836万円 A
ショックアクション 3,829万円 B
ヨカヨカ      3,762万円 A
カイザーノヴァ   2,640万円 B
アスコルターレ   2,478万円 A
ホウオウアマゾン  2,401万円 C
ラストリージョ   2,335万円 D
 
なんと、賞金ランキングトップ10 のうち、
A評価が40%、B評価も入れると60%!!!
 
1世代に占める割合は、低い評価の馬が圧倒的に多い中でかつ、血統的に前評判の高い馬ばかりとは言えない(むしろマイナー?)にも関わらず、すごく手前味噌で恐縮ですが、評価の高い馬が活躍すべくして活躍している、というAI分析結果となりました。
 
いずれにしても、募集価格以上のポテンシャルを秘めた馬を見極め、また、地雷馬を掴むリスクを避ける情報として、本AI分析をご活用いただければ嬉しいです。

 

本AI分析を初めてご覧になる方は、以下のシステム解説や分析結果もぜひご覧ください。この評価の秘めるポテンシャルをきっとご理解いただけると思います!!

【AI×一口馬主】システム解説&有望馬分析(シルクホースクラブ) - ひだり馬厩舎

【AI×一口馬主】バックテスト結果が凄いことに! - ひだり馬厩舎

 
また、クラブ別の募集馬評価はこちら(↓)をご覧ください!

 

楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、これ(↓)をポチッとお願いします!