【AI×一口馬主】有望馬分析(ユニオン・オーナーズ・クラブ)

 
本記事は、ユニオン・オーナーズ・クラブ募集37頭の評価となり、募集馬名と募集価格・AI評価・総合評価を提供しています。
 
ユニオンといえば、古くは20番人気でエリザベス女王杯を制したサンドピアリス、近くは一昨年の皐月賞馬・エポカドーロや今年のクラシックを賑わしかけたダノンアレーが思い浮かびます。
 
今年の募集馬には、そのダノンアレーやムーンクレストなどの弟妹たちが揃っていますが、超のつく血統馬はいないので、募集価格が200口の割に低く抑えられており、ポテンシャルを秘めた馬に出資できるチャンスかもしれません!・・・とはいえ、一口募集馬も決して安い出資ではありませんし、超高額馬でも全く走らない”地雷”馬もたくさんいます。
 
書籍1冊位の費用で、価格以上のポテンシャルを秘めた馬を見極め、地雷馬を掴むリスクを避けていただければ嬉しいです。

  

 
楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、これ(↓)をポチッとお願いします!

【AI×一口馬主】有望馬分析(大樹レーシング)

本記事は、大樹レーシングクラブ募集10 頭の評価となり、募集馬名と募集価格・AI評価(※)・総合評価を提供しています。
 
大樹といえば、1990年代後半にタイキシャトルタイキブリザードで競馬界を賑わせていましたが、最近はすっかり名前を聞かなくなってしまいました。
 
今年の募集馬にも血統馬はいないので、ほとんどが1000万円代と低く抑えられており、AI評価の高いポテンシャルを秘めた馬に出資できるチャンスかもしれません!・・・とはいえ、一口募集馬も決して安い出資ではありませんし、超高額馬でも全く走らない”地雷”馬もたくさんいます。
 
書籍1冊位の費用で、価格に見合った馬を見極め、地雷馬を掴むリスクを避けていただければ嬉しいです。

 楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、これ(↓)をポチッとお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

【AI×一口馬主】有望馬分析(ローレルクラブ)

本記事は、ローレルクラブ募集11頭の評価となり、募集馬名と募集価格・AI評価(※)・総合評価を提供しています。
 
ローレルクラブといえば、スプリントG1春秋制覇のローレルゲレイロ、交流G1・2勝のカネツフルーヴなど、地道に長く稼いでくれる馬主孝行な馬が多い気がします。
 
今年の募集馬には、先日のアイビスSDで2着に入ったライオンボスや函館2歳Sで2着に入ったルーチェドーロの下がいます。
 
とはいえ、一口募集馬も決して安い出資ではありませんし、超高額馬でも全く走らない”地雷”馬もたくさんいます。
 
書籍1冊位の費用で、価格に見合った馬を見極め、地雷馬を掴むリスクを避けていただければ嬉しいです。

 

楽しく読んでいただけたら、励みになりますので、これ(↓)をポチッとお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村